スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

任地キチより

今日は2月30日。任地キチに移動して2週間が終わります。
コロニアとは別世界の暮らし。
毎日ブログに載せたい出来事がたくさんあるけれど、ネットが使えないからパソコンと向き合うこともなく
どっぷりとキチの生活に浸かって暮らしていました。

でも今日。シニア隊員の方がネット環境を整えて下さったのです。
ステイ先の電話回線を使わせてもらうし、プリペイドカードのダイアルアップなので頻繁にはつなげないけれど、
メールのチェックと時々のブログの更新はできそうです。
私にとっては画期的な変化。
こんなに早くネットが使えるようにあたたかいシニア隊員の方の存在に、感謝の気持ちでいっぱいです。

それに、今日は久しぶりに日本語をたくさん話しました。
言いたいことがちゃんと言葉にできて、相手の言葉の意味が全部わかる会話。
おにぎりと梅干しとお味噌汁と緑茶。
チョコレート。ヨーグルト。おかき。
嬉しいことがありすぎて、胸がいっぱいでした。

何より、自分は一人じゃないんだなぁとすごく感じて嬉しかったです。
キチでの生活はとても楽しいけど、時々集まったりできる町のみんなと違って私は他の隊員とはなかなか会えないし、
それはやっぱり少し淋しかったから。
それに、何も不自由を感じないほど楽しい暮らしをキチでも送っていたけど、
いざ隊員の方と出会って、話をして、おいしい緑茶を飲んでいたら、
言葉にできないぐらい幸せな気持ちになって、元気をたくさんもらいました。
時々は、日本人に戻る時間も、やっぱりいいなぁー☆



さてさて。
そんなわけでネットが使えるようになったので、
久しぶりのブログの更新です。

伝えたいことがあふれているけれど、
今日は、私のホストファミリーを紹介します。




私のホストファミリーは、7人です。
でも、初めは誰がホストファミリーなのかを知ることも大変で、
いったい何人が本当に一緒に住んでいるのかなぁーと3日間ぐらい分かりませんでした
というのも、いつも家にいる人数が違っていて、もっと多い日もあれば少ない日もあるからです。

ポンペイではみんな子どもをたくさん産みます。
だから家族がどこまでも広がっていて、近所は親戚だらけ。
同僚の学校の先生にも何人も親戚がいるし、
だいたい村を歩けば出会う人の半分ぐらいは大きな意味での家族。
名前を覚えるのもやっとなのに、家族の関係性を覚えることは至難のわざ。
みんな一生懸命に「私は○○のいとこの子どもで・・・」とか教えてくれるけど、
うんうん、と聞くものの、とりあえず覚えることは中断しました。

そんなわけで家族だらけの村だから、みんないろんな家に出入りをしていて、いつも人数が違うのです。
約束なんてしてないけど、家に誰かが来たらごはんを出して、
誰かがいなくても、誰かが増えていても、気にしない。
何だか不思議だけど、それがキチでの日常です。


ではでは、私のステイ先の、小さな意味での家族7人をご紹介。

ノーノ・・・(ノーノはポンペイ語でお母さんという意味。ホストマザーのお母さんだからおばあちゃんだけど)
      ノーノはポンペイ語しか話せません。ノーノのポンペイ語は恐ろしい早さ&大声。
      はじめはそれが少しこわくも感じていたけど、私が新しいポンペイ語を覚えると
      「マオ(good)」「ポン(正解)」と言って、とても嬉しそうに笑ってくれます。
      そんなノーノがポンペイスカートをプレゼントしてくれました。嬉しい!!!
      いつかノーノとポンペイ語で会話できるようになることが私の大きな目標です。まだまだ道のりは遠いけど。
      
ジュディさん・・・私のホストマザー。ノーノの6番目の娘だそうです。
         いつも私のことを気にかけて下さり、とてもよくして下さる方。
         歌が好きで、歌い出したら子どものように大きな声で歌っているところがとてもすてき。
         日本の歌も一生懸命に覚えてくれて、ポンペイの歌も一生懸命に教えてくれる、
         だかいつも一緒にたくさんの歌を歌っています。
         そんなジュディさんの行動には驚かされてばかり。
         正直時には少し目を閉じたくなることもあるけど、ありのままに生きているジュディさんだから憎めない。
         
スティシー・・・24歳の彼女とは、すごくいい友だちになれそうです。
        私と話す時にはいつもゆっくりと英語とポンペイ語の両方を使ってくれて、
        でもあまのじゃくなことばかりを言って、いつも笑いを運んでくれます。
        一番一緒に過ごす時間が長い存在である彼女は、とてもチャーミングだけどとてもたくましい。
        私はそのたくましさが大好きで、日々彼女から豚のえさやり、石とココナッツの殻で作るオーブンの作り方、
        ココナッツミルクやローカルフード料理の作り方・・・たくさんのことを習っています。
        
エルソンさん・・・ジュディさんの弟。小学校の先生であり、一家の大工さんでもあります。
         私のために、外のおふろにカーテンと壁と電球までつけてくれました。
         いつもオーバーアクションの彼は、
         私の言うことに「ソー!!(No!)」と言っては楽しんでいます。
         実は同い年の彼は、2人のやんちゃな子どもたちを育てるお父さんでもあります。

リシープさん・・・エルソンさんのお嫁さん。
         すごく優しい。いつもにこにこ。始めてここへ来た時、彼女の笑顔に一番気持ちがなごみました。
         私のすること全てを仏様みたいな笑顔で見つめてくれるのです。幸せ。

EJとケーン・・・4歳と3歳のエルソンさんたちの子どもたち。
        とにかくかわいい!!!
        いつもどろだらけ。鶏を捕まえて遊んだり、犬たちと戦ったり。
        とにかくやんちゃだけど泣き虫なところがまたかわいい。
        最近2人は私の部屋に入ってきては、かわいい遊びをくり広げてくれています。
        


と、そんな楽しい7人家族の中で、私が3つしかない部屋の1つを占領して暮らしています。
あとの2つの場所で6人が眠って、
ノーノはナースと呼ばれる屋根はあるけど壁はないところで暮らしているのです。

でも、私が来るまで私の部屋は物置だったらしいから、いろいろ気にするのはやめました。
それに、ポンペイの人たちは一人で眠ることがないんだって。
理由はおばけが出るから。
まぁ確かに夜は真っ暗だからおばけも出そうだけど。

「未央も怖くなったらいつでもこっちにきて一緒に眠っていいんだよ」と優しい言葉をかけて下さるみんなに囲まれて、
私はミクロネシアでの2年間を暮らします。

それでは今日はこの辺で。
外は大雨。すごい雷。避雷針とかどこにもなさそうだけど、どうか我が家には落ちませんように。


スポンサーサイト
2011-01-30 : ミクロネシア : コメント : 7 : トラックバック : 0
Pagetop

ミクロネシアより。

ミクロネシアに到着して、もう6日目。もっと早くにブログを書きたかったんだけれど、
使えると思っていたドミのネットは調子が悪く、
プリペイドカードを買ってみたもののメールを4つ開くのに30分以上。
写真は開けないし、返信もなかなかできなくて、ブログも書けなくて。
みんなに近況報告をしたいのに、なかなかできずにいました。ごめんなさい><

でも、今日こそはブログを更新しようとJICAのオフィスでパソコンに向かっているところです。
ドミで書いたのを貼りつけてるだけだけど。


さてさて。連絡が遅くなってしまったけれど、私はとても元気です☆
とても温かくJICAの皆さまや先輩隊員に迎えられ、幸せいっぱいにここでの生活が始まりました。


1月7日。ポンペイ着。
空港から外に出るとお花で作ったステキなかんむりをかぶせてもらい、
明るくてあたたかいお出迎え。
しんどかったグアムでの長―い長―い夜中の待ち時間の疲れもふき飛びました。
夜は先輩隊員の方と一緒にごはんを食べに行き、近くのお店も案内してもらいました。
親切で楽しい先輩隊員の存在に、ひと安心。
缶詰やカップラーメンの陳列の多さに驚きつつも意外に何でも売っているお店を見て、ふた安心。
それに、ローカルマーケットには大好きなバナナがたくさん☆
なんと、キュウリもたくさん☆☆☆
ここで生きていけると思いました。

1月8日。
土曜日だからいきなりの day off。
午前中は一人でお散歩に出かけて、いろんな人に話しかけてみました。
中でもかわいかったのは、やっぱり子どもたちです。
ポンペイは子どもたちが本当にたくさんいて、道を歩けばあちこちで遊んでいる子どもたちや車から顔をだしてる子どもたちに出会います。
みんなとても人懐っこくて、日本から来たことを伝えると
「サパーン(日本)、サパーン」と言って握手をしてくれました。
写真を撮っていい?と尋ねると、「イェーイ!!」と大喜びでポーズをきめてくれました。

午後は、同じ隊次で今二人暮らし中の番長とお買い物に出かけました。
スーパーでパックに入った豆腐を見つけたから嬉しくて買ったら、
私の豆腐は50セント、番長の豆腐は2ドル70セントでした。
違うレジに並んだだけなのにねぇ。どうやら、値段は適当みたいです。

そして、夜は優しい先輩隊員がドミに来て、ごはんを作ってくれました。
ポンペイ人も、日本人も、みんな優しいです。うれしいなー。


1月9日。
調整員の方がお宅へ招いて下さり、お昼ごはんをごちそうになりました。
海の見えるすてきなお部屋で、
とーってもおいしいお料理がずらり。
楽しい楽しい皆さんに囲まれて、この国で本当によかったと思いました。
それに、おいしいものと楽しいおしゃべり。
幸せの要素がたくさんつまった日曜日でした。

そうそう。帰りには先輩隊員の任地やホームステイ先を案内してもらえることに。
赴任して半年の先輩はもう村にとけこんでいて、ポンペイ語もとても上手でした。
たった半年であんな風になれるなんて、、と、感動と一緒に自分にはできるのか不安な気持ちも感じてしまったけれど、
先輩の姿を目標に私もがんばろうと思います☆


1月10日。銀行口座を開設したり外務省や日本大使館への表敬訪問などなど。
雨が多くて蒸し暑い一日でした。
夕方は、今一番のお気に入りスポットローカルマーケットへ。
キャッサバやブレッドフルーツの食べ方を教えてもらい、もちろんキュウリも買いました。
マーケットでの会話はとても楽しくて、うきうきします。
ブレッドフルーツは栗のような味でおいしく、キャッサバはシュワッとしていておいしく、やっぱりもちろんキュウリは今日もおいしかったです。
初めてのおいしさと、いつも通りのおいしさと、どちらもおいしいから嬉しいです。


1月11日。現地の文化などについてのお話や所長講話がありました。
現地の話はやっぱりとても興味深くて、時間があっというまに過ぎました。

帰ドミ後は、突然とび入り参加をしてしまったのですが
先輩のシニア隊員さんのお宅でおいしいおいしい日本食をごちそうになりました。
今日コスラエから集まってきた先輩隊員さんとも会えて、また少し輪が広がりました。
これから週末にかけて、全州の隊員がポンペイに集まるので楽しみです。


そんなこんなの毎日。
驚くほど大きいゴキブリやねずみ、いろんな虫と一緒の暮らしだし
時々停電が起きたりもするけれど、
豆腐はすっぱくて不思議な味だし、野菜はひたすらキュウリになりそうだけど、
水道の水は時々茶色く濁るみたいだし、湿気もひどくてカビの心配もあるけれど、
パソコンに蟻が巣を作らないようにとかいろんな不思議な話も聞くけれど、

私はとても元気で幸せです。


さてさて。そして、今後の予定は、、

週末の隊員総会が終わると、なんと次の月曜には任地キチへ移動することになりました。
語学研修を受けた後でキチに入ると思っていたから、こんなに早く現地に入るんだと少しどきどきしています。
でもきっと、コロニアでのドミ生活で現地語を学ぶより、現地に入ってしまった方が言葉は早く覚えられるはず。がんばるぞう。
早く現地語が覚えられますように。
早くみんなと仲よくなれますように。



これからさらにネット環境が悪くなるので、ブログの更新もメールの返信もますます難しくなりそうです。
日本で応援してくれている皆さま、ごめんなさい。
でも、たぶん、私は元気です☆
日本でみんなにもらったたくさんのメッセージと一緒にがんばります。
そして、チェックできる時にはちゃんとメールもチェックしようと思うので、
ぜひぜひ、返信は遅れるかもしれないけれどみんなの近況もメールやコメントで教えて下さい☆

それではまた。
南のとってもステキな島、ミクロネシアポンペイ島より。
2011-01-12 : ミクロネシア : コメント : 13 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

mio

Author:mio
青年海外協力隊として、ミクロネシアのポンペイ島に行くことになりました。ポンペイ島の幼稚園で働きます。どんな子どもたちに出会えるのか、どきどきわくわく☆
日本にいる家族、友だち、職場、かわいいかわいい子どもたち、みんなに近況報告ができたらいいなぁと思ってブログを始めました。
現地でネットが使えますように!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。